浮気調査 不倫 離婚

浮気調査の無料相談

浮気調査、不倫、離婚、夫婦問題の無料相談所

浮気調査

 浮気調査 不倫 離婚 TOP > 浮気の証拠とは

浮気の証拠

調停や裁判を起こす場合、裁判所で証拠を集めてくれるのではないか?と思っている方がいらっしゃるようですが、裁判所では浮気の証拠収集は行いません。

裁判は、提出された証拠をもとに進められるのであって、その証拠はこちらが用意しなければならないのです。


浮気の証拠とは…
浮気の証拠何が、”浮気の証拠”となるのでしょう。話し合いをする上での証拠なのか、調停(離婚調停・円満調停)や、離婚裁判、浮気相手への慰謝料請求の裁判上での証拠なのかによって、必要な証拠も変わってきます。

離婚理由となる不貞行為=浮気とは、夫婦の一方が他の異性と肉体関係をもつ事を言います。

裁判所の判例は、「不貞行為」を「肉体関係」に限定しています。

メールのやりとりや、頻繁に電話をしているというだけでは「不貞行為」にはなりません。ラブホテルへの出入り等、肉体関係があることを十分に推測させる証拠が、浮気の証拠となります。


話し合いの場で
夫婦の間の話し合いの場においては、夫(妻)が認める(認めざるを得ない)ものがあれば、それが証拠になります。浮気相手とのメールや、飲食店の2名様の領収書、ホテルの領収書など。

ただ、とにかく嘘を付いて逃げる人には、それだけでは認めさせることはできないかもしれません。そうなると、調停・裁判でも通用する”証拠”が必要になってきますね。

浮気をしていることは間違いないのに、証拠がないだけに、相手に強気に出られてしまうとそれ以上進めません。”証拠を出せ”の一点張りで話にならないような事もよくあります。

話し合いの場で証拠を突きつける事は、あまりおすすめできる行動ではありませんが、証拠を持っていることができれば、”こっちには証拠がある”という安心感が、大きな支えになります。


調停・裁判の場で

調停や裁判等の場においての”浮気の証拠”とは、”肉体関係の証拠”です。

なんといっても有効なのは、ラブホテルの出入りの映像・写真です。ラブホテルは、肉体関係を目的とした施設ですから、打ち合わせ等のいいわけはできません。2人で食事をしている、行楽地に遊びに行った等では、浮気・不倫とは認められません。ただの友達だといわれればそれまでです。

シティーホテルの場合は、部屋に2人で入り、2~3時間いたことの証明が必要です。場合によっては、それだけでは弱いこともあります。また、相手の家へ行っている場合は、定期的・継続的に通っていて、数時間滞在していることの証明が必要です。”たまたま行っただけではない”事の証明が必要なのです。


メールや手紙、写真は?
内容にもよりますが、それだけでは弱いですね。具体的に肉体関係が会ったことを記載したメール、あるいは性行為中に撮影された写真は証拠になります。

世間話をしているだけのメール、2人で写っている写真だけでは証拠にはなりません。相手が浮気をしていることの証明は、こちらで行わなければいけません。浮気をしている側から、離婚を言い出す場合、大抵は”性格の不一致”を主張してきますから、その主張を崩すには、”浮気の証拠”が必要になってくるのです。


浮気相手について
浮気相手についても、こちらで情報を持っていたほうがいいですね。
浮気相手への慰謝料請求(損害賠償請求)まで考えるなら、相手のことを知っておく必要があります。

どこどこに住んでいる、○○さんと交際していて、それが夫婦関係に亀裂をもたらした原因だという主張ができますし、相手が特定できなければ、慰謝料請求はできません。

浮気相手への警告(慰謝料請求等)や話し合いを行う場合にも、やはり証拠があったほうがいいですね。証拠もなく、「あなたが私の夫(妻)の浮気相手だ」と言っても相手が拒否した場合、そこで話が終わってしまいます。 離婚をしない場合でも、浮気相手へ”慰謝料”を請求できますので、実際に裁判を起こさなくても、警告をすることで成果が得られるケースもあります。


浮気調査の電話相談

浮気調査のメール相談

浮気調査 離婚 不倫トラブル 慰謝料

浮気調査 離婚問題 不倫トラブル 慰謝料