盗聴調査 盗聴器 盗撮カメラ

盗聴器の種類

 
盗聴器の種類

盗聴器・盗撮カメラ

盗聴器にはたくさんの種類があります。
簡単に設置できるものから、多少の技術を要するものまで、値段も数万円程度で、ネットで簡単に入手できます。

室内に設置する音声盗聴器
一番基本的な、いわゆる「盗聴器」といわれるものがこれです。
コンセント部分に設置され、室内の音声をマイクで拾い、電波で外部に飛ばします。家庭内の電線より、直接電源を供給されているため、設置されている間は、常に電波を出し続けています。
室内を見渡しても、どこに設置されているかはわかりません。電波の発生源を調査することで判明します。

電池式の盗聴器
コンセント内に設置するタイプのものとは別に、電池で作動する盗聴器があります。
ただ、電源が電池である以上、作動期間はせいぜい一週間程度です。頻繁に室内に出入りできる場合や、コンセントでは音声を拾いにくい場合、家具などに隠して設置する場合に使用します。

カムフラージュした盗聴器
電卓や置き時計、延長コードや分岐タップ、筆記用具などに組み込まれて、盗聴器として作動するものがあります。
外見は一般の用品で、きちんと電卓や時計としての機能も持っていますので、まさかそれが盗聴器だとは気づきにくいことがあります。

電話の盗聴
最近は携帯電話の普及が進み、家の電話で話をすることが少なくなりましたので、あまり一般的ではなくなってきています。 電話線上や電話機に設置され、受話器を上げ、通信が始まると作動して電波を発信します。現在の携帯電話はデジタルなので、盗聴することは出来ません。

盗撮カメラ
室内にカメラを設置して、離れた場所でその映像を見ようというものです。
室内の一部にレンズを出し、またはカメラを設置し、天井裏や壁裏、コンセント部分のスペースに設置された機材で、映像を電波に変換して送信します。
ただ、どうしてもレンズを室内に向ける必要があること、設置と配線等に多少の時間がかかりますし、システム自体が大がかりな物になります。

発見調査について
当社では、あらゆる盗聴器、盗撮カメラに対応した知識、機材を使用して、調査に当たります。
どういう状況で、どういった情報が漏れているのかも重要な材料になります。急なご依頼にも出来るだけ対応致しますので、まずはご相談ください。

ページの上部へ

サイトメニュー

関連リンク

財産分与 隠し口座調査
口座調査 財産・資産
女性探偵社の浮気調査